読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どっち!?大口出品と小口出品

この前桜が咲き始めたと思っていましたが、もうすぐ散ってしまいそうですね。

でも桜はそんな儚さがステキ、なんて思ったりもします。

 

さて、本日はAmazonで販売する際に

大口出品と小口出品、どちらにしようかと悩む方もいると

思いますので、少し触れておきたいと思います。

 

大口出品と小口出品の違い

手数料の違い

分かりやすく言うと、

小口出品は1商品売れる毎に販売手数料として

¥100込かかります。

 

大口出品は販売手数料がかからない代わりに

毎月¥4,900別登録料としてかかります。

 

単純に考えると、毎月49個以上販売する場合は

大口出品の方が良いよ!ということです。

 

大口のみ出品できるジャンルがある

時計、ヘルス&ビューティ、アパレル、シューズ、バッグ

コスメ、ジュエリー、食品&飲料、ペット用品

 

上記のジャンルは小口出品では扱うことが出来ません。

 

決済機能の違い

コンビニ決済、代引き、Edy払いは小口出品では

扱うことが出来ません。

 

レポート機能の違い

とても便利なビジネスレポート機能等は

大口出品のみ使える特権です。

これは、ビジネスツールとして非常に便利です。

この機能については、また別の記事でシェアしますね!

 

一括出品ツール

これは大量に出品する人が対象ですが

小口出品では使いない機能です。

 

 

 これらについては、下記の公式ページでも

詳しく書かれていますのでご確認くださいね。

Amazon出品(出店)サービス | 大口出品・小口出品プランの違い

 

こうやって具体的に上げてみると

手数料の違い以外にも、機能面でかなり違いがありますね。

 

途中から小口出品から大口出品へ変更することも

出来るので、初めの内は小口出品でいいかと思います。

慣れて出品数も増えたら切り替えるといいですね。

しかも、大口出品の月額料金は開始から3か月は無料なんですよ!

 

ただ今後、ビジネスとして本格的に活動していくには

大口出品にするのは必須と考えましょう!